小さな会社の社長が絶対に採用したくないと思っているタイプの人。

小さな会社の社長が絶対に採用したくないって思っているタイプの人。

今回は、いつもと違い、かなり直球の内容です。耳触りが悪いことの方が多いと思います。ですから、批判はウェルカムですよ。しかし、どうしても伝えておきたいこと。何故かって、就職すると言うことは、人生の中で、例えるなら、結婚相手を決めるのと同じことぐらい大切。だからこそ、相思相愛の関係が大切。お互いがお互いを理解して、支え合っていける関係が大切だと思うから。

 

会社には沢山のタイプの人がいます。その人なりの正しさや、正義というものがあります。価値観の違いや、大切なとこの違いから起きてくるのだと思う。ですから、ある程度は、受け入れるが、どうしても一緒に働きたくないタイプの人がいる。実際、そのタイプの人に関しては、ボク達の会社だけでなく、他の会社に行っても同じことが起きるんだと思う。

 

入社して数年、たいして結果も出していないにも関わらず、人のことを批判する人。もうこう言うタイプの方はどうにもこうにもなりません。簡単に言うと、自分のことを知らないってこと。それに、今まで礎になってくれた先輩達がいたから今があるにも関わらず、あたかも自分が0から立ち上げ築いてきたような態度をする。にも関わらず、自分のミスは、あたかも無かったような振る舞いをして、そのミスをした時に、フォローしてくれる人が良い人で、フォローしてくれない人が悪い人という基準。簡単に言うと、自分にとって都合が良い人がどうかと言うこと。お客様にとってどうかとか、そんなことは一切関係ない。残念なことに、そう言う資質を持った方は習慣を変えることは中々ね!っていった感じです。そんな人は自分自身で、どんどん自分の運も無くしているよね。自分の運を悪くするために、自分で選んで選択をしてるように見える。それに、大人何だから「自分のご機嫌とりは、自分でしなくっちゃね!」。結局、人柄か良いか、そうでないかってそれだけのことなんです。能力やスキルじゃないってことです。技術は、今はお金で買える時代。だから正直者が徳をする時代に変化してると思う。

就職活動をしている方。

どんなに表面上隠しても、人の習慣は隠せないし、人間顔に出ます。ですから、自分の脳から、そう言った被害者意識を脱ぎ去り、当事者意識を持つことで、自分の好きなこと、得意なことの仕事を見つけられるようにして欲しいな。人の悪しき習慣があったなら、本人に直接言うか、相手の振り見て我が身を直すと言った感じでしょうか。影で人のことをつべこべ言う前に、自分はどうなのか!ってことを一旦振り返ることで、豊かな人生を歩んでいけるのではないでしょうか。

私達の会社では、誰でもミスはする。そのこと事態を責めることはありません。何度も同じ事を繰り返ししていたら別ですが、こう言った習慣がある人に関しては、直ぐに対応して辞めてもらうことが多い会社です。なぜかって?それは、お互い様であり、そのお互い様で支えあっている人達と豊かな人生を歩みたいから。ただそれだけなんですよね。これからの時代は、能力やスキルよりも、人柄が評価される時代です。それを意識した就活をしていると、声をかけられるチャンスが増えるんじゃないのかなって思ってます。私達の会社の先行基準も、人柄を重要視しています。

書いている人

深沢 貴之
深沢 貴之
職業「三代目 卯之助」/深澤製餡所 代表/サプリパーク代表/自分達がつくったもので、ホッとしたひとときや元気になるきっかけを感じてもらえたら嬉しいな/好きな食べ物 ちくわ 特にちくわ天/日本ちくわ天協会会長/フロリダちくわ天部部員/趣味 スキューバダイビング ・きっとゴルフ/エクスマ80期/フロリダ族    
 

    メルマガの読者になる

    メルマガの読者になるとブログでは書ききれない、情報も公開しています。ぜひご登録ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です