何か起きてから対応するのはアマチア、プロは、何かが起きないように事前に手を打つ!!

何事もない時こそ、より何も起きないための対策を打とう!!

よく忙がしそうにしている人を見ると、ふと思うのですが、何かが起きてからバタバタと対応をしている様子が多い。それって普段、自分の仕事をしていて、「今の、このやり方でいいのかな?」って感じることが無いのかなって思う。もし、このやり方のままやっていたら。。。何か事故のようなことが起きるのでは?って感じれるかどうかで、仕事の仕方も変わる。結果、バタバタすることも減り、バタバタしない分、余裕が出来、周りへの気遣いも出来るようになり、多くの人に喜んでもらえるようになるんだと思う。

事前に手を打つことが出来るのは、今やってることに違和感を感じる能力があるかどうか。

事故が起きないように、今やってることに、疑問や違和感を感じることが出来なかったら、事前に対策を打つことは出来ない。だって、あれ?おかしくないのかな?とか、これ大丈夫なのかな?って感じることが出来なければ、今がベストだと思ってしまい、違和感を感じなくなるしね。常に今のやり方でいいのか!もっと最善はないのかって疑問に感じたり、その行動を自らがしていて違和感を感じるために、今のやり方を検証したり、もっとベストなものが出来ないのかを調べたり、他社を見に行ったり、知ることをしなければいけないって思う。それがプロとしての仕事だと思う。いつまでも同じことの繰り返しに疑問や違和感を感じることがなくなってしまったら、より良いサービスや商品を通して、お客様に喜んでもらうことって出来ないもんね。変わらないために、変わり続けることが大切だよね。

書いている人

深沢 貴之
深沢 貴之
職業「三代目 卯之助」/深澤製餡所 代表/サプリパーク代表/自分達がつくったもので、ホッとしたひとときや元気になるきっかけを感じてもらえたら嬉しいな/好きな食べ物 ちくわ 特にちくわ天/日本ちくわ天協会会長/フロリダちくわ天部部員/趣味 スキューバダイビング ・きっとゴルフ/エクスマ80期/フロリダ族    
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です