食べる人に喜んでもらいたいかどうか│あんこづくりをする上で、これ以上大切なことはない。

食べる人に喜んでもらいたいかどうか│あんこづくりをする上で、これ以上大切なことはない。

美味しいあんこを作ろうとするならば、技術や経験や知識も大切だけれど、それよりも大切なこと、食べる人に喜んでもらいたいと思っているかどうか?自問自答してみるといい。

 

確かに、技術や知識も大切だし、経験も大切。でも、心底、自分のつくるもので、人に喜んでもらいたいという想いこそが何よりも大切で、その想いが全てをカバーしてくれる。実際に能力があり、想いが弱い人と、何も出来ないけれど、想いが強い人では、三年後は逆転するのを何度もこの目で見てきている。

 

上っ面だけ体裁を整えても、結局人間の本質の根っこの部分が、どんな仕事をする上でも一番大切になってくるんだと実感している。

 

そんな想いを持つためにも、初めは形だけかもしれないけれど、そういった意味で釜の前で手を合わせ美味しくなぁ~れとやっている。あんこは、何処のあんこ屋さんから購入しても、原料も作り方も然程変わらないのが現状。でも、ただ作るのではなく、何のために、どんな人を喜ばしたいのか。そんな事を考え大切にしているあんこ屋でありたい。

書いている人

深沢 貴之
深沢 貴之
職業「三代目 卯之助」/深澤製餡所 代表/サプリパーク代表/自分達がつくったもので、ホッとしたひとときや元気になるきっかけを感じてもらえたら嬉しいな/好きな食べ物 ちくわ 特にちくわ天/日本ちくわ天協会会長/フロリダちくわ天部部員/趣味 スキューバダイビング ・きっとゴルフ/エクスマ80期/フロリダ族    
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です