社長の子供だったから後継になれた。自分の努力でその立場を勝ち取った訳じゃない。

先日、相談したいことがあるんですって言われ、後輩経営者と一緒に食事をした時に、あまりにも親の悪口ばかり、もう世代交代もまだだし、お金の流れ、銀行とのやり取り、お客様のこと、スタッフさん達のことや商品開発のこと、採用のことも然程していないのに、売上が上がらないのは、親父のやり方が悪いって。いやぁ〜どんだけなん?って思い、そんな後輩に向けて、現実を受け止めて成長して欲しくてプログを書きました。

食事の時の写真

何でそんなに新卒にこだわるの??

ボク達の会社が新卒採用をスタートさせたのは4年前。それまでは育てるって事が面倒くさいって感じていた。日々の大量の業務をこなす事で精一杯。何もできない人を育てることに何の意義があるのって感じてました。毎日朝早くから夜遅くまでものづくりに専念していたある日、考え方の違い、何を大切にするのかの優先順位で揉める事があり、大勢のスタッフ達が一気に会社を去って行く経験をした。それを止める能力もなく、人を人とも思っていなかった所も正直あった。それは人が離れていくよねって感じです。上司と部下、仕事だけの関わりじゃなく、大切にしたい同じ価値観をもち、同じ場所を目指す人と一緒に仕事がしたくて始めたんです。

目指す場所が一緒のスタッフ

社長の子供だから今の立場に立つ事が出来た。自分の力でなった訳じゃないってことを理解しよう。

ボクは三代目ですが、父が社長だったから今社長になれたのだと正直思う。もちろん、なってから自分の力不足を補うために、沢山勉強もしたし、能力が無かった分、沢山痛い思いもした。しかし、そんな経験も社長の子供だからこそ出来た経験だと思う。それって恵まれてることだと思うんだよね。実際、新規事業を立ち上げた時に、新しい会社の名義の法人カードを作ろうとした時に、カード会社に断られたり、銀行の借入も、今の会社の利息と新しい会社の利息が全く異なることも。そう言った苦労を感じることなく跡を継げるって幸せなんだと思うんだよね。結局、やりたく無かった!って言っているが、今やっているってことは、自分で決断した結果、だったら、つべこべ言う前に、やることやった方が楽しくなると思う。

書いている人

深沢 貴之
深沢 貴之
職業「三代目 卯之助」/深澤製餡所 代表/サプリパーク代表/自分達がつくったもので、ホッとしたひとときや元気になるきっかけを感じてもらえたら嬉しいな/好きな食べ物 ちくわ 特にちくわ天/日本ちくわ天協会会長/フロリダちくわ天部部員/趣味 スキューバダイビング ・きっとゴルフ/エクスマ80期/フロリダ族    
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です