物事を理屈だけで考えると、目に見えないものが多くなる。

物事を理屈だけで考えると、目に見えないものが多くなる。

もちろん、こう見えて以外と理論、理屈は大好きなタイプです!論理的思考では、物事を捉えることは苦手だけど、数字は好き。だって正直だしね。そして、その数字が変化する手前の段階、ボク達製造業において、何処がボトルネックになっているのかを発見して、ボトルネックを解消するための手段を打つ。その手段が当たっていた時は、数字に反映されて、そうでない時はボトルネックが分かっていても、取る手段の方法が異なっている場合が多くある。そんな時は、物事を理屈で考えるのではなく、直感で面で感じることを意識し、その場の流れなんかを感じることをすると、以外とボトルネックになっている原因がはっきりわかるし、直接的な原因ではなく、以外と間接的な原因がある。それを感じやすくなる。

ボトルネックは、解消したら次のボトルネックが生まれる。

そうそうボトルネックって、ボク達の仕事の場合、高速道路の渋滞と一緒。スピード出してとばしている車もあれば、ゆっくりと法定速度を守り走っている車も。全ての車が一定の速度で、ブレーキ(止まる)ことなく流れを良くするのが目的。しかし、原因を見つけ、対策しても、また、対策し効果が出たからこそ、次のボトルネックが生まれる。だからこそ、理論理屈だけで対応していると、その原因が見えなくなる。設備投資をする前に、しっかりと何処がボトルネックなのか改めて把握し、改善したら、次の、その次のボトルネックまでを考えてた設備投資をすることが一番有効活用になるよね。そんなことを普段から、イメージして仕事をすると、何か問題が起きた時に、全体像が把握できるようになるのかな。

書いている人

深沢 貴之
深沢 貴之
職業「三代目 卯之助」/深澤製餡所 代表/サプリパーク代表/自分達がつくったもので、ホッとしたひとときや元気になるきっかけを感じてもらえたら嬉しいな/好きな食べ物 ちくわ 特にちくわ天/日本ちくわ天協会会長/フロリダちくわ天部部員/趣味 スキューバダイビング ・きっとゴルフ/エクスマ80期/フロリダ族    
 

    メルマガの読者になる

    メルマガの読者になるとブログでは書ききれない、情報も公開しています。ぜひご登録ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です