死ぬまで食べることに、困らないお金があったなら今の仕事を続けているか?

死ぬまで食べることに、困らないお金があったなら今の仕事を続けているか?

衝撃的な言葉でした。昨日はエクスマセミナーに参加してきました。その中で、働くことって何だろう?というテーマでした。

その中で、死ぬまで食べることに困らないお金があったなら、今の仕事を続けているか?ってことに向き合った時に、何か、今抱えている問題が全て無くなったような感じがしました。

シンプルに自分の残りの人生を、何のためにどう生きるのか?それ以外のことは一切削ぎ落とした時に、初めて自分が本当にしたいこと、それが改めて見えたように感じた。

ボクという人間が、誰を喜ばせたくて、どんなことをするのか!!それが自分の好きなことなんじゃないのかなって。一切のしがらみや、見栄を捨てることで見てるくるのかな。

商品としての音楽をするのか、アートとして訴えたいことを音楽を通してするのか、同じ音楽だし、どちらが良い、悪いじゃなくてねってことを昨日教わりました。

自分の仕事も、これと一緒で、良い悪いじゃなくてどうしたいのか?ってことなんじゃないのかな。他人の成功の物差しで測るのではなく、自分の成功の物差しでしっかりと測り、自分の好きなことをやっていきたいなって改めて感じました。

書いている人

深沢 貴之
深沢 貴之
職業「三代目 卯之助」/深澤製餡所 代表/サプリパーク代表/自分達がつくったもので、ホッとしたひとときや元気になるきっかけを感じてもらえたら嬉しいな/好きな食べ物 ちくわ 特にちくわ天/日本ちくわ天協会会長/フロリダちくわ天部部員/趣味 スキューバダイビング ・きっとゴルフ/エクスマ80期/フロリダ族    
 

    メルマガの読者になる

    メルマガの読者になるとブログでは書ききれない、情報も公開しています。ぜひご登録ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です