好きなこと、得意なことの仕事をしようよ!!

好きなこと、得意なことを、好きな人達と一緒に仕事をしようよ!!

好きなことを15歳から50年間

もう内定が企業から出始めてる時期なのかな。ボク達の会社も、先日、来年一緒に働きたいって感じる学生の方々に内定を出させてまもらいました。

どんな選考で選んでるの?って聞かれることが多いので、いたって単純です。皆んな今の学生さん達は頭の良いし、やる気もある。そんな人達を選考すると言う感覚で選んでいないんだよね。

ボクが選ばせてもらう3つの基準は、

1.好きな仕事を、好きな人達と、楽しく仕事が出来るのか。

(その好きな仕事のポジションの準備が出来るのかってこと)

2.その人の判断基準と価値観

3.人柄

この3つです!!だから資格とかタスクの高さは、全く関係ないんです。だって就職して、あっ!違ったって感じたらわやっぱりお互い嫌だもんね!!

ボクがスタッフさん達が最終選考に選んでくれた学生と話をさせてもらい、学生に聞くことは、2つだけ。何が好きで、どんなことをしている時が楽しいの?ってことと、今までの成功体験と失敗体験だけ。

そんなことだけで選んでるの?って聞かれることが多いですが、出来ることなら、やりたい仕事をしてほしい。だって、楽しいもんね!楽しかったなら、興味が湧くし、興味が沸けば、進んで分からないことをわかるように自分でしたくなるしね!それに楽しいから不平不満も出ないことが多いしさ。不平不満が多くなると、本人もつまらない日々が続くことになるし、周りはもっとエネルギーを吸い取られ疲れちゃうしね。そうエネルギーバンパイアーは、イヤ!!だから、ボク達が準備出来る仕事と、学生達が楽しいって感じるやりたい事のマッチングは、どうなのかってことを、まず考えます。

それと、成功体験と失敗体験を聞くのは、その人の人生において大きな出来事だったことには、間違い無いと思うし、その時、どんな気持ちで、どう決断して行動したのかってことが気になるから。だってそれがその人の物事の判断基準だし、そもそもその判断基準がその人の価値観だからってことなのかな。そんなことを感じて判断してるんです。

でもね、もっと大切にしているのが人柄です。どんなに能力があっても、どんなに資格を持っていても、ボク達の会社では全く関係ないのかな。これからは、資格のある仕事ほど、AIが代わりにやってくれるから、仕事が無くなって来ると思うしね。それに、優秀って優しさに秀でてるって書くしね。就職って、結婚相手を見つけるのと同じぐらい人生の上で大切なことだからさ。だから選ぶってことじゃ無くお互いにとってどうかってことだと思うんだよね。だからこそ、好きなこと、好きな人達と一緒に得意なことを仕事にしようってボクは思うんだよね。

書いている人

深沢 貴之
深沢 貴之
職業「三代目 卯之助」/深澤製餡所 代表/サプリパーク代表/自分達がつくったもので、ホッとしたひとときや元気になるきっかけを感じてもらえたら嬉しいな/好きな食べ物 ちくわ 特にちくわ天/日本ちくわ天協会会長/フロリダちくわ天部部員/趣味 スキューバダイビング ・きっとゴルフ/エクスマ80期/フロリダ族    
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です