ボクがしたいこと。 それは、ボクが皆んなにしてもらったこと。

2011年1月14日に、三女琉伊がダウン症という障害を持って生まれた。生まれて、数日たっても、心臓の動脈弁が閉じなく、染色体検査をしたらダウン症候群とのこと。筋肉が弱く5歳まで月に一度は入院。昼は奥さんが付き添い、夜はボクが付きそう。そんな状況になり、家の中がバタバタで会社に行けなかった。今は親父のことで行けない時もある。これって親としての役割、子供としての役割をただ普通にしているだけのことなのに、現実の社会では、やることが難しい時代になっていると思う。

だからこそ、ボクがしてもらったことを、誰もが出来る会社にしたい。社長のボクは、出来ても、一緒に仕事をしているスタッフさん達が出来ないっておかしなことだと思うしね。それに、自分の家族を幸せにしたいってことは、誰もが同じ価値観だと思う。だからこそ自分の家族としての役割として、『親としての役割、子供としての役割』を果たせる会社にしていきたい。

そのためにやるべきこと。

まずはお客様に喜んでもらうことが大前提。それが出来なかったら話にならないよね。そして、皆んなが成長しあえること。しっかりと儲けることが大前提だと思う。一人に仕事が偏ってしまったら、偏ってない人は変わりが出来て、偏ってしまっている人が変わりがきかなくなってしまうから。お互いがお互いのことを支えることが出来て初めて成立する事だし、儲かっていなかったら、その間、契約社員やアルバイトを募集出来なくなり、結局、嫌な雰囲気になり、休むことが出来なくなってしまうよね。だからこそ、お互いが支えあえること、しっかりと儲けることが大切なんだよね。これをやり遂げて、初めて、『自分の大切な人を大切に出来る』とボクは思うんです。だからこそ、自分達でお互い支え合える状態になり、『大切な人を大切にできる場所を創る』ことが出来るんじゃないのかなって感じる。

世の中に必要とされる会社になる。

お客様に喜んでもらい、自分達も親として役割、子供としての役割を果たせるようになる。これが大前提だけど、それだけでは、自分達のことだけになってしまう。仕事とは、本来『世の中に役に立つこと』だと思う。自分たちのことだけでは、誰もボク達のやっていることを応援してもらえないしね。

娘のるいがきっかけで始まった障害者の一般就労。きっかけが娘のことだったけど、ボク達が『世の中に必要とされる会社』になるためにも必要なことだと思う。世の中には、あっても無くてもいい会社、あったら便利な会社、世の中に必要とされる会社の3つしか、存在しないと思うんです。自分達のことを充実させることだけではなく、自分達の仕事を通して、世の中の役に立てたなら、なんか素敵じゃない。そんな風にボクは思うから。

この二つのことを大切にボク達の会社はやっていこうとしてます。もし共感してくれたなら、一緒に働く仲間になって欲しいし、力をかしてくれたら嬉しいな。

書いている人

深沢 貴之
深沢 貴之
職業「三代目 卯之助」/深澤製餡所 代表/サプリパーク代表/自分達がつくったもので、ホッとしたひとときや元気になるきっかけを感じてもらえたら嬉しいな/好きな食べ物 ちくわ 特にちくわ天/日本ちくわ天協会会長/フロリダちくわ天部部員/趣味 スキューバダイビング ・きっとゴルフ/エクスマ80期/フロリダ族    
 

    メルマガの読者になる

    メルマガの読者になるとブログでは書ききれない、情報も公開しています。ぜひご登録ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です