何故、伝えたい相手に伝わらいのか。

何故、伝えたい相手に伝わらいのか。

会社でも、夫婦でも、家族でも、同じ事を何度も何度も繰り返し伝えても伝わらないってことあるよね。ボクにも、もう10年、10万回は同じ事をずっと同じ人に、同じことを伝えていることがある。全く今まで伝え続けて来たのに、1ミリも伝わらないし、それどころか、表面上しか考えてもらえず、誤解を生じ反面になったりすることもね。上手くいかない事ばかりの方が多い。それがここ数ヶ月一気に1メートルぐらい進んだように感じる部分がある。それって何だったのかなって、自分なりに考えてみると思い当たる事柄が沢山ある。

伝わらないって、伝えている方に問題があるのか、それとも受け取る方に問題があるのか、それは、伝える方に問題があることが自分の実体験を通して、何となく理解できるようになったかな。

今思えば、伝える側が、どう伝えれば伝わりやすいのか、それを考えて伝えていないと思う。ボクの場合、自分の想いを伝えたい!!そして伝わらない。何で伝わらないんだよ!ってゲームを繰り返しやっていたように感じる。いやぁ〜今もやってるかな(笑)

結局、相手がそれを望んでいないのに、それを伝えようとしても、ボクには伝えることが今も出来ないかな。

水を飲みたくない人に、水飲み場に連れて行き、水を飲まそうとしても、飲みたくない訳だから飲まない。ごく当たり前のことだと思う。要は相手にとって不要なこと。伝わる訳がないって感じる。

何故水を飲みたくないのか、そこが一番の問題だと思う。きっと、そこの水は苦いんだと感じているから。もし、その水が自分の好きな飲み物だったなら、少なくとも、飲みたくなるんじゃないのかな。それって楽しいか楽しくないか、好きか、好きじゃないかってことと似ているんじゃないのかな。やりたいことなのかってことだよね。

また、社風も伝わらない一つの原因があるんじゃないのかなって感じる。例えば、社長が儲かるか儲からないかの判断ばかりで、仕事の判断をしていたりとか、幹部が社長の前とスタッフの前での言ってることが違ったり、また自分のやっていることが見てえていない社長の姿や幹部の姿であったり、やりとりを見たり聞いたりして、嫌だなぁ〜、楽しくないんだろうなぁ〜って感じさせていることが一番の問題なんじゃないのかなって自分がして来たことを考えてみるとそんな感じなのかなって思う。

また、あんなこと言ってるけどさ、普段あの人こうじゃんって思われる行動をボクみたくしていたり、こうなりたいと思った人の真似はするけれど、そう思わない人の言うことはなるべく聞きたくないって言うのも本音だしね。

言葉だけでは、表面上のことしか感じてもらえず、深い所で感じてもらうのは、相手との日々のやりとりで、繰り返し繰り返し伝え続けることと、社長自身の行動だと思う。結局、社長の想いが伝わらないってことは、結論から言ったら、社長自身に問題があるんだよねってことだね。そんな事をようやく気づかせてもらいました(笑)

 

書いている人

深沢 貴之
深沢 貴之
職業「三代目 卯之助」/深澤製餡所 代表/サプリパーク代表/自分達がつくったもので、ホッとしたひとときや元気になるきっかけを感じてもらえたら嬉しいな/好きな食べ物 ちくわ 特にちくわ天/日本ちくわ天協会会長/フロリダちくわ天部部員/趣味 スキューバダイビング ・きっとゴルフ/エクスマ80期/フロリダ族    
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です